ABB、シンガポールのIKEAの太陽光発電をサポート

2018年2月7日 – 次世代のスマートなパワーコンディショナTRIO50KW、屋根置き型の1MWの太陽光発電システムに高い柔軟性と発電量を供給

ABBはスウェーデンの家具量販店IKEAに革新的な太陽光発電パワーコンディショナ、TRIO50KWを20台納入しました。TRIO50KWはシンガポール東部の郊外にあるタンピネスの旗艦店に設置され、屋根置き型の発電システムで電力を供給します。同システムは年間130万キロワット時(kWh)の発電量を見込んでおり、これは280世帯以上の消費分に相当する再生可能エネルギーを供給することとなります。IKEA店舗での太陽光パネルの設置は2017年3月に開始され、同年12月から稼働を開始しました。



ABBのお客さまである大手の太陽光発電システムインテグレータ、フェニックス・ソーラー社を通して、当プロジェクトを2017年第1四半期に受注しました。この屋根置き型のシステムにより、今後10年で電気代を240万ドル削減できるとIKEAは見込んでいます。

フェニックス・ソーラー社のアジア太平洋地域のバイス・プレジデント、マーク・アーガー氏はこう述べます。「ABBとともに、トップクラスの太陽光発電システムを納入し、クリーンエネルギーへの移行を目指すIKEAをサポートできることを誇りに思います。当社はアジアにおいてより多くの太陽光発電の普及促進に取組んでいますので、ABBのような知見と質の高い設置のスキルを持ちあわせた先駆的技術のリーダーとチームを組むことが求められるのです」

「世界中で高まるエネルギー需要を満たしながらも、環境への影響を最小化し、お客さまにとっての価値を生み出すことを追及しています」と、ABBのエレクトリフィケーション・プロダクト事業のプレジデント、タラック・メタは述べます。「当プロジェクトはその一例です。柔軟性に富み、革新的なABBの太陽光発電技術により、IKEAはエネルギー効率と持続可能性における目標に取組むことができます。世界のエネルギー革命、そしてABBのネクストレベル戦略においても、再生可能エネルギーの統合の重要性はますます高まっています」

TRIO50KWは、セントラル型パワーコンディショナのパフォーマンスや価格競争性と、分散型パワーコンディショナの柔軟性や可搬性を両立するべく設計されました。東南アジアのIKEAの他店舗においてもさらに設置が進む予定です。マレーシアでは、東南アジアで初めてIKEAが主体となるショッピングモール、IPCショッピングセンターでは、500kWの太陽光発電システムにおいてTRIO50KWが電力を供給します。タイではバンコク近郊のバンヤイにオープンするIKEAショップの屋上駐車場に、1.5MWの太陽光発電システムにTRIO50KWが設置されます。

太陽光発電の経済性が急速に高まる中、IKEA以外にも多くの企業が、屋根置き型の太陽光発電所を数年以内に設置する計画を立てています。市場調査会社のGTMリサーチによると、過去5年で屋根置き型太陽光発電システムの設置コストは30パーセント近く下がっており、その主な原因は太陽光パネルの価格低下によるものです。太陽光発電の導入により、IKEAのような企業のお客さまが、二酸化炭素排出量削減に関する目標値だけでなく、財務上や運営における費用削減を実現されています。

企業以外でも、東南アジアの数か国の政府が再生可能エネルギーに関する施策を取り入れてきました。シンガポール経済開発庁のソラノヴァプロジェクト(Solarnova projects)、タイの代替エネルギー開発計画(AEDP : Alternative Energy Development Plan)、マレーシアの持続可能エネルギー開発庁(SEDA)の国内の太陽光量増加に備える施策などがこれにあたります。

ABB株式会社は、2018年2月28日~3月2日に東京ビックサイトで開催される第9回太陽光発電システム施行展~PVシステムEXPO 2018に出展します。本リリースでご紹介しております分散型パワーコンディショナ、TRIO50KWをはじめとする最新パワーコンディショナの実機展示を中心に、ABBならではの専門知識、実績を活かし、今後の国内太陽光発電市場の継続的成長を支える製品・ソリューションをご紹介いたします。是非お立ち寄りください。 (東3ホール、小間番号E21-8)


ABB(ABBN:SIX Swiss EX)は、ユティリティ、一般産業、交通/社会基盤においてエレクトリフィケーション・プロダクト、ロボティクス&モーション、インダストリアル・オートメーションおよびパワー グリッドの各分野で、世界中のお客さまに製品・サービスを提供している先駆的技術のリーダーです。130年以上にわたり技術革新の歴史を重ね、そして今日、ABB は「電力をいかなる電源からでも、いかなるコンセントへもお届けし、天然資源から完成品にわたる全ての産業を自動化する」という二つの明確な価値命題に基づき、産業のデジタル化の未来を描いています。 フォーミュラEのタイトルパートナーとして、ABBはeモビリティの限界を押し広げ、持続可能な未来に貢献します。ABB は世界100か国以上に約135,000人の従業員を擁しています。www.abb.com


お問い合わせ先:

ABB株式会社
広報・渉外
電話: 03-4523-6150
Email: jpabb.communications@jp.abb.com

検索



お問い合わせ