ABB、シンガポールの自動運転電気バスのプロジェクトに電力を供給

2018年1月11日 スイス、チューリッヒ発 -
eモビリティで世界を牽引するABB、画期的な無人運転バスのプロジェクトに高速充電器を供給

ABBは、ボルボ・バス社との新しい協同プロジェクトで、持続可能な世界的交通手段のソリューション・リーダーとしての役割をさらに強化しました。今回のプロジェクトはシンガポールの南洋理工大学(NTU : Nanyang Technological University)向けのもので、ABBは2019年初頭までに同国で運行を開始する2台の自動運転電気バス用に、最先端の重量車両用充電器、HVC 300P(Heavy Vehicle Charger)を供給します。

世界初の化石燃料を全く使用しない、電気自動車によるFIA(国際自動車連盟)モータースポーツシリーズのタイトルスポンサー就任の発表からわずか数日後、ABBは持続可能なモビリティに向けての新たな一歩をこのプロジェクトで踏み出すこととなりました。





HVC 300Pの高速充電システムは、300kW(キロワット)の直流充電および3分から6分での再充電が可能です。同システムは、シンガポールやアジア太平洋地域で使用され始めているOppChargeと呼ばれる直流電気バス充電用のオープン・インターフェースをベースとしています。終点での充電用として基盤に据え付けられたパンタグラフを使用することで、通常の運行に影響を及ぼすことなく、バスを路線の終点で充電することが可能になります。

このシステムは、全長12メートルの完全電気バス、ボルボ7900を2台充電し、ボルボと南洋理工大学はボルボのプラットフォームに自動運転のソリューションを構築します。ボルボはこれまでに採掘や採掘場、ごみ収集の運営のための自動運転技術において成功を収めていますが、公共交通機関の自動運転での運用は初となります。

ボルボ・バス社のプレジデント、Håkan Agnevall氏は、「世界中の都市で自動運転車と電気自動車への関心が急速に高まっていると実感しています。工学分野で世界トップレベルの南洋理工大学、ABB、そしてシンガポールの主要企業で多様な陸上交通を提供しているSMRTとともに、公共交通機関の進化が大きく期待されている大都市シンガポールにおいて、現実的な状況で様々なソリューションをテストできることになりました」と述べています。

自動運転バスのうち1台は、Centre of Excellence for Testing and Research of Autonomous Vehicles (CETRAN) と呼ばれるシンガポールの先端試験施設で使用されることになります。この施設では新機能の試験や、バスが道路を走行する他の車両や人とどのように影響し合うかについての研究が行われます。もう1台はSMRTとのパートナーシップの下、バスの発着所での試験に使用されます。このプロジェクトは未来の自動運転バスが、充電、洗車の場所への移動や駐車まで、完全に自動化することを目標としています。

南洋理工大学は、2050年までにシンガポールの自動車の半数を電気自動車が占めることになると予測しており、このヴィジョンの実現に貢献できることは当社の誇りです。

ABBのエレクトリフィケーション・プロダクト事業の責任者、タラック・メタは以下のように述べています。「環境に優しいソリューションの発展のフロントランナーとしてABBは長く貢献してきました。このプロジェクトにより私たちは、アジア太平洋地域における電気自動車業界の発展に寄与する決意を新たにしました。クラウドベースのコネクテッドプラットフォーム、ABB Ability™と組み合わせることにより、当社の高品質な充電システムは、かつてないほどクリーンで効率がよく、コストパフォーマンスに優れる自動車の実現への道を開きます。」

ABBはボルボ・バス社と南洋理工大学の協同事業が始動する2018年の年末までに、最初の2台のHVC 300P高速充電器を納入します。自動電気バスの納品は2019年初頭の予定です。ABBはこれまでに世界中で乗用車および商業用車両向けでクラウドに繋がる直流高速充電器を6,000台以上販売してきました。 持続可能なモビリティのさらなる促進のため、ABBは先日、世界初の化石燃料を全く使用しない電気自動車によるFIA(国際自動車連盟)モータースポーツシリーズであるFormula Eとパートナーシップを締結しました。


ABB(ABBN:SIX Swiss EX)は、電力、一般産業、交通/社会基盤においてエレクトリフィケーション・プロダクト、ロボティクス&モーション、インダストリアル・オートメーションおよびパワー グリッドの各分野で、世界中のお客さまに製品・サービスを提供している先駆的技術のリーダーです。130年以上にわたり、技術革新の歴史を重ね、そして今日、ABB は産業のデジタル化の未来を描き、エネルギーおよび第四次産業革命を推し進めています。Formula Eのタイトルパートナーとして、ABBはeモビリティの限界を押し広げ、持続可能な未来に貢献します。ABB は世界100か国以上に約136,000人の従業員を擁しています。www.abb.com

お問い合わせ先:
ABB株式会社
広報・渉外
電話: 03-4523-6150
Email: jpabb.communications@jp.abb.com


検索



お問い合わせ